オステオパシー

体をひとつのユニットとして捉えるオステオパシーとは?

オステオパシーとは?のイメージ

オステオパシーは、1874年にアメリカの医師 Andrew Taylor Still によって提唱された医学療法です。
「体をひとつのユニットとして捉える」ことが特徴です。

人体は臓器や神経、骨格、内臓、血管、皮膜などさまざまなパーツから構成されていますが、それらは相互に関係し合い、バランスを取ることで健康的に機能しています。


体の痛みは、そのバランスが崩れていることを意味するのです。
オステオパシーでは、崩れている体のパーツのバランスを調整し、人体に本来備わっている自然治癒能力を引き出すことで、患部を治癒します。

実際の施術は体に刺激の少ない手技が中心なので、痛みもほとんどなく、年齢に関係なく施術を受けることができます。

オステオパシーでは、肉体と精神には深い関係性があるとされています。
そのため、患者さまとは密にコミュニケーションを取り、治療に前向きなマインドや意識を引き出すことに努めています。

オステオパシーとの出会い

私がオステオパシーと出会ったきっかけは、知人の腰痛でした。
それまで、どこに行っても改善されなかった腰痛が、オステオパシーの施術を受けた結果、3日で劇的に改善したのです。
その効果に驚き、オステオパシーを本格的に学び始めました。

カイロプラクティックのように、背骨が全てではない。
マッサージのように、筋肉が全てではない。
体をひとつのユニットとして捉えるオステオパシーの考え方は、実に理にかなっていて衝撃を受けました。
またセミナーに出向くと、その圧倒的な情報量にも驚かされました。

オステオパシーは今も発展の途上にあり、常に新しい理論が提唱され、導入されています。
私もオステオパシーに、接骨や鍼灸など東洋医学の技法を取り入れた「有家流オステオパシー」の確立に向けて、日々努力しています。