外傷治療

外傷の治療だけでなく、全体としてとらえ、パフォーマンス向上につなげる

こだわりのイメージ

こだわりは、患者さまが一日も早く社会復帰できるよう、早期回復のお手伝いをすることに尽きます。

「全身をひとつのユニット」として捉えるオステオパシーの哲学に基づき、患部だけでなく、全身を詳細に観察することを心掛けています。体のどこに、その痛みの原因があるか分かりません。

例えば、ある患者さまは足首の痛みに苦しんでおられました。
しかし診療の結果、足首の痛みの原因は、腎臓や腹部の血流の問題でした。
このように、患部だけ見ていても痛みは根本解決しないのです。

治療内容

施術は手技がほとんどで、その他の1割で電気治療を行います。
手技は、「自分の手をどれだけ信じられるか」という一点に尽きるでしょう。
また当院では、よほどの重症でなければ、アイシングも固定も行いません。
何故なら、炎症は体が治ろうとしている正常な反応だからです。
アイシングや固定などの処置は、不用意に行うと体の自然治癒力を阻害してしまいます。

生活指導にも力を入れています。
再びケガをしないための体の使い方、炎症が落ちやすい食事療法指導。
また学生さんや子どもさんにはメンタルトレーニングのアドバイスなど、患者さまに必要とされる情報を進んで提供します。