コラム

2015年12月 4日 金曜日

炎症を抑えて快適生活

こんにちは

KIRIKの有家です。

新規の患者さんが予約をされても
無断キャンセルで来られないことが
多々あります


以前から、度々呼びかけているのですが
全く減る傾向がありませんので
これからキャンセルポリシーを
設けていこうと考えています


こういうことをすると
『通いづらい』という声を聞きますが
(実際、そういうのが嫌で転院される方もいます)

それって
『無断キャンセルをすることが前提ですよね?』

僕たちだけでなく
その時間帯に予約が取りたくても
予約が取れない方も
沢山出てきます


ご理解ください。

さて・・・

今日は炎症について書こうと思います。



■炎症って何?

炎症は、身体の中に入ってきた異物の排除や
死んでしまった細胞の排除によって起こる
身体の恒常性の維持のために働く
正常な生理的反応
のことです。

炎症と聞くと
悪いものの感じがしますが
実は大切な反応で
起こらなければ困ってしまいます。

細胞の生体内成分が
異物の排除に働いた結果ですからね。



■炎症が起こると危ない

炎症は生体の正常な反応なのですが
炎症が長引くと、病気を引き起こし
死に至る場合があります


心疾患にもガンにも糖尿病にも
共通しているのは炎症です。

炎症は病原体や毒素
ストレスや外傷などへの
自然な反応です


組織回復には必要な適切な反応。

そんな反応が慢性的に起こっていれば
そりゃ、身体の問題が起きてもおかしくはありません。

特に腸なんかが炎症を起こせば
リーキーガット症候群が起きたりして
毒物や未消化の食べ物が
直接血中に流れたりするわけです。

それが、身体の至るところに行き着いて
身体の中から排除しようとする働きが増して
炎症が起こりまくったりします。

生活習慣病や老化や
うつやアレルギーも
炎症が大きな原因
になります。



■炎症を起こすものとは?

では、炎症を起こすものには
何があるのでしょうか?

【慢性的なストレス】
長期間のストレスは炎症の原因になります。

長期間のストレスは
副腎を刺激して
アドレナル・ファティーグ(副腎疲労)
起こしてしまいます。

副腎は内分泌腺で
コルチゾールやアルドステロン
アドレナリンなどの生命活動維持に
大切なホルモンを分泌
しています。

ここに昨日書いた
コレステロールも大きく関係してきます。

副腎ホルモンのなかの
コルチゾールの働きは

・血糖値を上げる
・血圧を上げる
・ストレスに対抗する
炎症やアレルギーを抑える


という働きがあります。

長期的なストレスはコルチゾールの
分泌に大きく影響を与えて
炎症だけでなく様々な問題を起こします。

アドレナル・ファティーグ・・・
恐ろしいですね。

【加工食品】
加工食品の中に入っている
オメガ6脂肪酸やトランス脂肪酸も
身体の中で炎症を起こしてしまう
原因になります。

脂質について書くと長くなるので
また今度。

【未消化のもの】
先述したリーキーガットもそうですが
牛乳のカゼインからできるカゾモルフィンや
小麦のグルテンからできるグリアドルフィンも
未消化のものです。

これらは、モルヒネ様物質で
身体の中でモルヒネ様の働きをして
炎症だけでなく、精神にも問題を起こします。

未消化のものを作らないように
よく噛んだり、胃腸を温めましょう。

【糖質の取りすぎ】
血中の糖質量が増えると
TNF-aIL-6が働き出して
血管を傷をつけるていって
炎症の原因になります。

【睡眠不足】
睡眠不足が心疾患や認知障害、肥満などの
健康状態と関連していることは
すでに確認されているのですが

症状の裏側にある
分子メカニズムについて
詳細な調査を行った結果

毎晩6時間以下の睡眠で
1週間過ごした場合に
炎症や免疫系やストレス反応に関連する
711の遺伝子の発現に影響が出たそうです


ベストな睡眠時間は7~8時間だそうです。

【運動不足】
最近の研究では運動を続けていると
慢性的な炎症のレベルが低下することが
分かっているのですが

炎症が落ちる理由としては
アドレナリンやコルチゾール、成長ホルモン
といった免疫に関わる因子が
運動によって増加し

運動不足によって
ひしめき合う内臓脂肪のストレスで作られてしまう
全身に炎症を起こす原因になってしまっている
炎症性サイトカインの減少が望めるからです


そのほかにも
筋肉を動かすことによって
血中の炎症物質であるCRPIL-6
減少していったり

TNF-αIL-15といった
血中炎症性サイトカインが
低値を示したりと

習慣的に身体活動を高めることで
筋肉由来の炎症性サイトカインが抑制される
可能性も指摘されています。




病気だけでなく、腰痛などの
痛みの原因にもなってきます。

上手く炎症をコントロールして
病気にならないで
痛みにも悩まない生活をしましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KIRIK 刈谷はりきゅう接骨院