コラム

2015年12月 1日 火曜日

コンビニより多い整体の現状

こんにちは

KIRIKの有家です。

12月に入りましたね。
12月もちょこちょこ用事で出入りしてますので
「有家はいるのかな?」なんて方は
早めにご連絡いただけると嬉しいです。

最近は
「有家くん生きてる?」という仲間からの連絡や
「お店やってて良かったです」という患者さんの
言葉に突き動かされてブログを更新してます。

まるでダメ夫ですね・・・
(知ってますか?)

今日は『整体師の現状』について書こうと思います。

なにやら事件も勃発していますし
整体師に不信感を抱かれてる方も見受けますので
参考程度に目を通していただければと思います。



■整体師って何?

整体は骨格の調整や筋肉の硬さをとって
体の調整をしていく仕事です。

それを生業にしているのが整体師。

というか・・・
整体師なんて職業ないしね。

整体師は何らかの形で
ボディーワークをしている人の総称です。

日本では
柔道整復師や鍼灸師、あんまマッサージ師が国家資格で
カイロプラクティックや整体などは非国家資格
になります。

とは言っても
国家資格者がカイロプラクティックを
行っている場合もありますし

非国家資格者でも、素晴らしい技術や知識を
持っていらっしゃる方もいます


なので、僕はどちらが良いとも言えないと思っています。

海外ではカイロプラクティックなどは
ドクターなどの国家資格者が後に勉強して
行っていたりします。



■国家資格者と非国家資格者どっちが良いの?

上記したように
有資格者と無資格者で
どちらが良いとも思ってはいません。

有資格者であれば
一定水準の知識を持っていて当然なのですが
資格を保持していない方の中にも
膨大な知識や良い技術をお持ちの方もいます。

実際、医療類似行為での危害を調べると
国民生活センターの2012年の調べでは
2007年度以降の約5年間で825件寄せられていて
件数は年々増加傾向にあるそうです。

その825件の相談のうち4割は
整体やカイロなどの法的な資格制度がない
施術に対しての相談と言われてますが

相談内容の内訳を見てみると

マッサージが281件(34%)
整体240件(29%)
接骨院での施術112件(14%)
カイロ110件(13%)


・・・!?

マッサージって国家資格じゃね?

ってことは国家資格者による
医療従事危害が48%もあるってこと?

だったら資格制度のある施術危害の方が多い
ってことになっちゃいますよね。



■実際のところは?

この内容は
【相談者が寄せた情報に含まれる語句で分類】
されたそうで、実際のところは分かりません。

僕らのようにマッサージをしてなくても
患者さんが『マッサージ』って呼んでいることもあるしね。

実際の施術内容は特定が難しいと思います。

消費者が施術者を選ぶにあたって
国家資格を持っているか見分けることも困難ですし
接骨院の施術にもマッサージやカイロ的な
施術が含まれていることもあります。


接骨院だから、必ず有資格者だけというわけでもなく
資格がなくても施術をしている人もいます。

上記しましたように
有資格者であれば一定水準の知識を持っていて当然なのですが
資格を保持していない方の中にも
膨大な知識や良い技術をお持ちの方もいます。

よって、どちらが良いということもなく
つまりは『個人』の問題なのでは?と思います。




■どうしても有資格と無資格を見極めたいなら・・・

柔道整復師や鍼灸師マッサージ師は
接骨業務や鍼灸マッサージ業務の
名称独占をしているわけですから
接骨院や鍼灸院は国家資格を持っていることが前提です。

しかし、先述しましたが
院の中には学生や資格を保持していない人も
チラホラいたりしますので、完全に見極めるのは
とても難しいです。




■保険業務

国家資格者と非国家資格者の違いは
保険が適応できるかどうかです


有資格者は症状によっては
保険の適応ができます。

接骨院であれば

・捻挫
・打撲
・挫傷
・骨折、脱臼(医師の同意が必要)


いずれも、急性期、亜急性期のものです。

鍼灸院であれば

・神経痛・・・坐骨神経痛など
・リウマチ・・・急性、慢性で各関節が腫れて痛む
・腰痛症・・・慢性腰痛、ぎっくり腰
・五十肩・・・方の関節が痛く腕が上がらない
・頸腕症候群・・・頸から肩、腕にかけてシビレ痛むもの
・頚椎捻挫後遺症・・・首の外傷、ムチウチなど


その他これらに類似する疾患など。
全て医師の同意が必要です。

保険が適応できるものの場合
患者さんの負担は少なくて済みます。

そうでない場合は全額自己負担になります。




■不正な保険請求

最近、メディアで話題にもなりました
接骨院の不正な医療費の受給事件や
自賠責での不正受給など

「なにを今更?」というのが
正直な感想です


ネットで調べると出てきますが
保険適用のない施術について
保険適用をするなどのトラブルは
昔から普通に存在しています。

この背景には

・法律で定められた格安の診療報酬
・国家資格者の人数の急激な拡大
・非国家資格のマッサージ業の拡大による
 過当競争による経営難


などが挙げられます。

むこう10年で食べていけなくなる業界の
代表としても挙げられています。


それでも開業に費用がかからず
粗利が良いので
「整体師になりたい」という声は
未だに多く聞こえてきます。




■医療費だけで約5,000億円!?

平成24年度の柔道整復師の
保険請求額は全部で4,025億円

これでも、大幅に削減されたそうですが

あんま・マッサージ師が613億円
鍼灸で360億円
いずれも増加傾向にあるそうです。

合計で4,973億円で
約5,000億円が医療費で支払われています。

医療費全体の39兆2,117億円に比べると
微々たるもののように見えますが相当な額です。

その中で不正で払われた額は
いったいどれ位あるのでしょうか?

うちで急性外傷で来られる方は
ひと月で片手で数えられる位なのですが・・・

これが仕方のない額だとは
とても言えないと思います。

しかし、増加する背景には
高齢化社会というのも大きな要因です。




■保険は最低限の治療

接骨院の保険は点数ではなく
一箇所いくらというものです

しかも格安の診療報酬です。

最低限の箇所しか施術できないような
そんな仕組みになっています。

まぁ、最低限で済ませるか
それ以上やるかは施術者次第ですが

それ以上やった場合には
痛めていない箇所にも
保険を適応させてる場合があります。

これは違法です。

基本的に
「ついでに・・・」はというのは論外です。




KIRIKでも
治療費のことを伝えると
めちゃくちゃ怒って帰られる人もいます。

うち、自費でも安い方なんですけど・・・

「だったら〇〇さんのとこが保険を上手く使ってくれるから
あっちに行くことにするわ!」

とか良い方で

きちんと説明をしても
「〇〇接骨院だと使えるのに、なんでここは使えないの!!」
とか、明後日な方もいらっしゃいます。

仕方ないんです。
保険の仕組みを知らないんですから・・・





実際、保険を使っても
うちより高く貰っているところもあるんです。

保険を使えないというだけで
真っ当にやっている僕たちが悪者
になることも
多々あることなんです。

もちろん、保険が適用できる範囲と
保険が適用できない範囲を
きちんと理解されて
快く使われている方もいらっしゃいます。

こういうことを知っておくのは
自身のためにも、経済のためにも
大事だと僕は思います。

仕方ないで済ませないようにしてください。



■保険と自費どっちが得?

保険診療と自費診療で
施術の内容が同じなら
保険診療の方が圧倒的に良いです。

保険診療の場合だと
1回の金額は安くても
長期的に通って、一向に改善の兆しが見えない
ということもあります。

何故、兆しが見えないこともあるって
言い切れるのかって?

保険診療の場合は
窓口の支払い金額も
診療報酬の金額も格安
なんです。

格安だからこそ、沢山の人を集めて
捌いていかなければなりません


単刀直入にいうと
「一人一人に時間をかけてられません」

なので、検査もそこそこ・・・
治療もルーチン・・・
だからです。

全体的に問題を探すヒマはありません。

本質的な改善には繋がりにくいのです。


なので、結果的にいうと
時間とお金の無駄使いになってしまう場合もあります。

もちろん、それでも良くなる人もいますが
結果的に自費診療の方が安く済んでしまう場合もあります。

先生たちのなかには
短時間できちんと見極められる目を
持っている人もいらっしゃいます
ので
必ずしも「そう」とは言い切れませんが・・・

僕はお世辞でも
そんな目を持っているとは言えませんので
検査を細かくさせていただきますが・・・

ただ、自費診療の場合
オーダーメイド治療で時間をかけるので
予約で埋まったりしてしまうなど
好きな時に受けられなくなってしまったりします。

保険が使えるのは
一回が安く受けられるメリットと
国家資格者という安心感は
あるかもしれません。




もちろん全ての接骨院が不正請求をしていたり
ルーチンの施術をしたりしているわけではありません


きちんと、法規を守っていらっしゃる方もいらっしゃいます
一人一人に真摯に向き合っていらっしゃる人もいらっしゃいますので
そういった先生方には失礼になるかもしれません。

申し訳ありません。

資格を保持されていない先生の中にも
国家資格者よりも膨大な知識や
素晴らしい技術を持たれている方もいらっしゃいます。


なので、治療院を選ばれる際に
参考にしていただく程度で
整体師の現状を知っておいていただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KIRIK 刈谷はりきゅう接骨院