KIRIK スタッフブログ

2015年6月11日 木曜日

体感という尺度を持つ

こんにちは
KIRIKの有家です

習慣化する上で大切だと思うことを
今回は書いていきますね

以前にも書きましたが
僕は目の血管や傷や爪の他に
体感という尺度を持って
自分の身体を管理しています

ヒポクラテスも言うように
数値的なものに頼るのではなく
知恵を得ようと思ったら
体感という尺度を用いるしかないのです

ここ迄は以外とみんなやってるわけですが

体感を大事にしすぎて
『効果が即座に出なかったらやめる』という
短期的な決断をしがちになってます

今植えたばかりの植物から
翌日には収穫しようとしています

効果が出なければ
やり方を変えたり量を変えたりと
試行錯誤してみればいいのですが
方法自体を否定しはじめる方も多く感じます

免疫力が上がったなんてのも
風邪になってみなきゃ分からないわけです

細胞が全部綺麗に入れ替わるまで
2年はかかります
短期的に効果なんて分からない

よくサプリメントなどの健康食品でも
とりあえず1ヶ月試して変化を見てから
継続を考えるとか言う人いますけど

体感する意識のない人が
一ヶ月試したって
何にも変わりませんし

何年もかけて作ってきた症状や状態に
たった一ヶ月で劇的な変化を
望むような思考だからこそ
今の症状が出てるわけです

そして
「あなたがやって効果が出たら行く」とか
「あなたがやって効果が出たら考える」
「あなたがやって効果が出たら買う」
という人も沢山いますが

本当の効果が出るのは
遥か先なわけですし

人を実験台にしても意味がないでしょ?

相手に効果があるから
私にも効果があると決めるような
そんな思考は絶対やめた方が良い

損をする

そんなのは慎重なんかじゃない
行動を起こさなくて良いようにするための
言い訳でしかないです

簡単に言うと
・体感は大事にしてください
・短期的に体感を得ようとしないでください
・体感を得られない時は工夫をしてください
・他人の体感を使わないでください

ということ…

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KIRIK 刈谷はりきゅう接骨院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: