KIRIK スタッフブログ

2014年3月23日 日曜日

人のふり見て我がふり直せ


3連休最後の日曜日ですね
ってか3連休だったんですね

今気付きました


こんにちは

そろそろバイク通勤をしたいな
KIRIKの有家です


先日、頚椎の神経根に
明らかに炎症を起こしてる
症状の方がいらっしゃいました

他の治療院さんに通われていたのですが
『痺れが治まらない〜』ということで
問診から細かくやっていったのですが

有家は問診の時に
接骨院の先生や病院の先生
整体の先生に何を言われたか
何を施術してもらったかを聞くんですね

覚えてない人もいれば
細かく話をしてくれる人もいます

これは施術の中で無駄を省きたいから
聞いているわけですが

たまに「えっ?嘘でしょ?」ってのが
出てくるわけです


今回のケースも神経根の症状は
あからさまに出ているし
オーソパシックなテストでも
陽性反応を示すわけです

オーソパシック(整形外科学的)なテストが
陽性であるのであれば
整形外科で一度検査してもらえば良いので
レントゲンを撮ってもらい

脊柱の間の狭窄による
神経の圧迫が見つかったわけです

それを
「腕のオーバーユーズだ」

「筋緊張が強くなりすぎて
腕に力が入らなくなってるから
マッサージをマメにするしかない」

とか…

確かに症状は腕に出てるんだけど
その症状を聞いた瞬間に
幾つかの可能性を割り出し

治療の中でネックになってくる
整形外科学的な問題の有無を
ふるいにかけるのは

有家がこの業界に入って
修行を始めてから
かなり初期に学んだこと

今回のオーソパシックテストだって
専門学校の1年生の前半で学ぶこと


もし仮にそうだとしても
筋緊張が強くて筋力低下を起こしてるなら
食事や趣向品などを聞いて
必要であればマグネシウムの摂取だって
考えられるはずだろうし

そっちの方が体への負担だって
金銭的な負担だって長期的にみて
少ないのだから良心的


で、検査を重ねていった末に
胃腸のケアをしっかりとすれば
頚椎は緩むことが分かったわけです

とこのようなケースが
ここ2週間で3件立て続けにあったし

頚椎ではないけど
膝や腰でも数件あったので

人のふり見て我がふり直せと
今まで以上に真剣に向き合うように
心がけようと思います



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KIRIK 刈谷はりきゅう接骨院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

大きな地図で見る〒460-0022
愛知県名古屋市中区金山2丁目10-2 セジュール金山701号
ホームページを見たとお伝えください 0566-45-6369

お問い合わせ 詳しくはこちら