KIRIK スタッフブログ

2013年11月15日 金曜日

気になる靴下のズレ

ホームページの写真の
刈り上げ具合が気になっています

周りに相談したところ
「自業自得だ」

と、まぁそんなところに
全員の意見が着地します

仕方ないですね


こんにちは

歩行中に靴の中で勝手に脱げてく
靴下ってありませんか?

KIRIKの有家です


これ、いつも疑問に
思っているんですよね

みんなならないのかな?とか
靴下が悪いのか
はたまた有家が悪いのか?

もしかしたら
悪魔のイタズラかも!?

なんて感じで
靴下が脱げ始めると

様々な思考が
頭の中を駆け巡るのです


で、昔見た
キアヌ・リーブス主演の
コンスタンティンで

ルシファーが
すっごい綺麗な
白いスーツを着ているのに

足もとが素足...
という設定を思い出し

ずっと気になっていたので
ちょっと調べてみると

素足には欧州の文化や宗教で
清教徒の常識的な感覚として

「奔放な性」
「不道徳な品行」
といった意味があるそうです

海外で学びをしてきた
仲間たちに聞くと

アメリカなんかでも
学校としての認定を
もらう際の条件として

『授業中に靴を履く事』
ってのもあるらしいですね


石田○一の
素足に革靴には

奔放なイメージと
フォーマルなイメージとの
ギャップにドキドキさせる

そういった意図でも
あるんでしょうか?

足が臭くなりそうですよね...


ということで
有家の靴の中で
勝手に靴下が脱げてく

そういった過程を
『奔放になりたい欲求の現れ』
という解釈をすることにしました

『あぁ〜。またホンポってきたよ』

と、まぁこんな感じで
使えば良いのでしょうか?

対処法は...

そうですね...

素直に履き直しましょうw


もしかしたら
身体に歪みがある
サインなのかもしれないし

靴下のサイズのせいかも
しれないですもんね

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 KIRIK 刈谷はりきゅう接骨院 | コメント(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント: